日本の現状に合わせたスタイルである永代供養が他の方法と違う所とは

どのタイプかをまずは把握

線香

それに応じた方法に精通した所を選ぼう

家に置き始めてしばらくする仏壇の汚れが気になってきたが、むやみに触ったりしてはいけないのではないかと考えて、仏壇清掃出来ないという人もいるのではないでしょうか。作法等に関係なく、丁寧に扱えばそのような心配をする必要はありませんが、仏壇に使用されている材質の違いは把握する必要はあります。そのような不安事を払しょくするには、仏壇清掃の業者に依頼をするのが良いでしょう。そしてその依頼をする際にも、仏壇のタイプを把握しておくのは大事になります。大まかに分けて仏壇は3タイプに分かれており、そのタイプの仏壇清掃に対応しているかどうかが業者選びの際の最大のポイントです。まずは金仏壇と言われる、金箔や漆が使われているタイプがあります。このタイプは原則金の部分を触って清掃する事が出来ないため、そのことを熟知している業者に依頼しましょう。その際に、こまめに仏壇清掃を行ってもらいたいという際に、簡易的な清掃を安価で行ってくれる業者であればなお良いです。2つ目のタイプは、唐木仏壇と呼ばれる木材の上から塗装がなされているタイプになります。コーティングされているため比較的清掃は簡単でほとんどの箇所が清掃出来るため、業者選びはそこまで苦労しないでしょう。ただ、水拭きは塗装がはがれる場合があるのであまり行えません。最後は近年人気を集めている、家具調仏壇です。和室はもちろん、洋室にも合うような様々なタイプの家具チックな仏壇で、色々なスタイルの住宅事情に合った、仏壇の最新トレンドと言えます。ただデザインにこだわっているものが多いため、複雑な作りになっているものも多く、公式サイト上で対応しているかをよく確認しておきたいタイプです。

Copyright© 2019 日本の現状に合わせたスタイルである永代供養が他の方法と違う所とは All Rights Reserved.