日本の現状に合わせたスタイルである永代供養が他の方法と違う所とは

仏壇をきれいにしたい

お参り

案外ホコリが溜まっている

仏壇は埃をかぶってしまったりすることもあるので、毛はたきなどを利用して毎日ホコリを取り除くのが基本です。しかし毎日おこなうのが大変な場合は、手を合わせた際にホコリを取り除くだけでもかなり見た目が変わります。また、お盆や正月などは、きれいな状態にしておくべきなので、日ごろの手入れをよりももっときれいにしておくようにします。ただ、唐木仏壇であれば埃を取り除くだけでもかなりきれいな状態を維持できますが、よりきれいにしたいなら取り外しが可能な仏具は全て取り外して仏壇清掃をおこないます。その際細かな部分などは仏壇清掃用の筆を利用して取り外した仏具の細かなところまでホコリを取り除くとよりきれいになります。金仏壇の場合は唐木仏壇とは違い、素手で触ると金箔が剥がれてしまう可能性があるので、金箔が貼られているところは避けて仏壇清掃をおこないます。また、仏壇自体は湿気に弱いという性質があるので、仏壇清掃をおこなう際は、晴れている日でなおかつ湿度が低い日におこなうようにします。さらに仏壇清掃ではいろいろな仏具を取り外してきれいにすると良いのですが、外してしまうと元に戻せない可能性も出てきます。最初の状態に戻せるようにするためにも、掃除する前にまずはどのような状態になっているのか写真を撮っておくようにします。掃除は上のほうから下のほうへと進めますが、自分たちで掃除するのが難しい場合は、仏壇清掃業者に依頼すればきれいな状態の仏壇にしてもらうことができます。

Copyright© 2019 日本の現状に合わせたスタイルである永代供養が他の方法と違う所とは All Rights Reserved.